Glossary

バス釣り用語集

あ行

■アイ
ルアーについているラインを結ぶための金具のこと

■アウトサイド
外側という意味のこと

■アウトレット
水が流れ出すポイントのことで湖や池から流れ出ている川など

■アオコ
水温の上昇でプランクトンが異常繁殖して水面が緑色になった状態

■アクション
ルアーに動きをつけること

■葦(アシ)
池・湖・沼に生えているイネ科の水生植物

■アタック
魚がルアーを食べにきたり、攻撃してくること

■アップヒル
足元にかけて浅くなる地形のこと

■アトラクター
集魚効果があるにおいや味のこと

■穴場(あなば)
まだ誰にも知られていない釣れるポイント

■アピール
バスにルアーを気付いてもらえるように目立たせること

■アプローチ
バスに向かってルアーを投げること

■アフター・アフタースポーン
産卵が終わったあとのこと

■アベレージ
バスのサイズに対してよく使う平均という意味

■アワセ
バスがルアーを食ってきた時に針にかける動作

■アンカー
おもりのこと

■アングラー
一般的に釣り人のこと

■イモグラブ
グラブのテールをわざとちぎったもの

■入れ食い
キャストの度に魚が釣れる状況

■インレット
湖や池などに水が流れ込んでくる場所

■ウィード
水中に生える水草全般のこと

■ウィードエリア
ウィードが群生しているポイントのこと

■ウィードポケット
ウィードが群生している場所に空いた隙間のこと

■ウィードレス
針やルアーが、ウィードに引っかかりにくいこと

■ウエーダー
水の中に入って釣りをする場合に使う腰や胸まである防水性の長靴

■ウエイン
トーナメントで釣ったバスを検量(重さ)すること

■エリ
漁師さんが魚を獲るために仕掛けた罠(ワナ)のこと

■エレキ
ゆっくりとボートを移動させるためのモーターのこと

■オーバーハング
岸際で草木が水面におおいかぶさっているポイント

■オープンウォーター
障害物がなにもない開けた場所のこと

■オフセットフック
ワームの釣りに使うクランク状に曲がっている針のこと

■おかっぱり
岸からバス釣りをすること

■オンス(oz)
ルアーの重さの単位(1オンスは約28グラム)

か行

■カエシ
掛かったバスがバレないように針の先端から折り返し出ている突起のこと

■カケアガリ
地形が急激に深くなっているところ

■活性
バスの動きのこと

■カバー
障害物全般のことでウィード、オーバーバンク、杭、浮きゴミなど

■カレント
水の流れのこと

■キャスト
ルアーを投げること

■クリアー
水が澄んでいて透明度が高い状態

■キーパー
記録に入れられる魚のサイズ(長さ)

■キャッチ・アンド・リリース
釣り上げた魚をすぐに逃がすこと

■クリアウォーター
綺麗な水の状態のこと

■グリッター
ワームの中に入っているキラキラ光るラメのこと

■クローフィッシュ
バスの餌でもあるザリガニのこと

■護岸(ごがん)
コンクリートで舗装された岸のこと

■ゴロタ石
比較的小さめ(こぶし位)の石のこと。釣れるポイントにもなりますが、根がかりに注意。

■コンタクトポイント
バスが深場から浅場に移動する時に寄る場所のこと。

さ行

■サーチベイト
地形やその日のバスの活性など必要な情報を探る為に投げるルアーのこと

■サーフェイス
水面のこと

■サーモクライン
急激に水温が変化している層のこと

■サイトフィッシング
目視できるバスを狙って釣ること

■サスペンド
浮かず沈まず水中で止まっている状態のこと

■サミング
ベイトリールでキャストした時にバックラッシュ(糸が絡んでしまう)しないようにルアー着水直前にスプールを親指で押さえること

■サンドバー
いわゆる川の中州のこと

■時合い(じあい)
日の出前後や日の入り前後といった活性が高い時間帯のこと

■シェード
日が当たらない影になっている場所

■ジギング
メタルジグに使うテクニックでロッドを大きくしゃくってルアーを上下に動かすこと

■シャロー
水深が浅い場所

■ショートバイト
バスがしっかりルアーをすぐに放してしまったり、つつくだけといった食い方のこと

■シンカー
おもりのこと

■スカート
ラバージグやスピナーベイトなどに装着するもの

■スキッピング
オーバーハングの奥などにルアーを放り込むテクニックで水面で跳ねさせるようにキャストします

■スクール
魚の群れ

■ステイ
ルアーの動きをストップさせること

■ステイン
やや濁りの状態のこと

■ストラクチャー
主に、岩・立ち木・石などの障害物のこと

■スプリットショット
ラインを挟むための真ん中に割れ目の入ったオモリのこと

■スポーニング
産卵のこと

■スポーニングエリア
産卵場所のこと

■スラック
弛(たる)むという意味

■ズル引き
ワーム釣りのテクニックの一つで、底をズルズル引いてくること

■スレ
ルアーの針が口ではなく体に刺さること

■スローリトリーブ
ゆっくりリールを巻いてルアーを動かすこと

■ソフトルアー
ワームなどのやわらかい樹脂でできたルアーのこと

た行

■ターンオーバー
主に気温が低くなってくる秋に起きる現象で上下の水が入れ替わること

■ダウンクロス
川の流れに対し上流から下流に向かってルアーを投げて巻いてくること

■タダ巻き
ルアーアクションを付けずにリールを一定のスピードで巻くこと

■タックル
ロッドやリールなど釣り道具のこと

■タフコンディション
主にターンオーバーや水温低下でバスの活性が著しく下がってる状態のこと

■タラシ
ルアーをキャストする時に竿先からルアーまでの垂らしたラインの長さのこと

■チェイス
魚がルアーを追いかけてくること

■チャンネル
比較的大きい湖の底にある深い溝(本流)のこと

■釣果
釣りの結果

■ディープ
水深が深いこと

■トップウォーター
水面のことや水面を動かすルアーのこと

■ドッグウォーク
ルアーアクションの一つで左右に首を振る犬のようにルアーを動かすこと

■ドラグ
ラインに強い負荷がかかるとリールのスプールが逆転してラインを送り出す仕組みのこと

な行

■ネイルシンカー
主にワームの仕掛けでネコリグなどボディーの中にねじ込むシンカーのこと

■根掛かり
ルアーや仕掛けが障害物や底にひっかかってしまうこと

■ネコリグ
ワーム釣りの仕掛けの一つでフックをワームの中央付近に刺して動かします

■ネスト
産卵底のこと

は行

■ハードルアー
樹脂や木材でできた硬いルアー全般のこと

■バイト
ルアーにバスが食いつくこと

■爆釣(ばくちょう)
たくさん釣れること

■バックウォーター
湖やダム湖などの流れ込みのこと

■バックラッシュ
ベイトリールでキャストした時にブレーキ力がスプールの回転スピードに負けてラインが絡まってしまうこと

■バラシ
ルアーに掛かった魚が外れて逃げられること

■ファストリトリーブ
リールを早く巻くこと

■フォール
バス釣りではルアーを沈めることを意味します

■ブッシュ
植物系のカバーのこと

■プリスポーン
産卵前のバスの状態

■ブレイク
水深が大きく変わる場所

■ベイトフィッシュ
バスの餌となる小魚のこと

■ベイトフィネス
ベイトタックルで軽いルアーを使って釣りをすること

■ベタ凪(なぎ)
風が全く吹いていない状態のこと

■ベンド
曲がったという意味

■ボイル
小魚の群れが水面を波立たせている状態のこと

ま行

■まづめ
魚の活性があがる時間帯で日の出や日の入り前後のこと

■マッディー
濁りが入っている状態のこと

■ミオ筋
漁港の出入り口に掘られた船が通る道

■水通し
水の動き(流れ)のこと

■虫パターン
水面に落ちた虫(芋虫・トンボ・ハチ・セミなど)をイメージした釣り方のこと

や行

ら行

■ライトリグ
小さくて軽いルアー(ワームなど)を使う仕掛けのこと

■ライブウェル
釣ったバスを生かしておく生簀

■ラインブレイク
ラインが切れること

■ランカー
大きいサイズのバス

■ランガン
ポイントを次から次へと変えながら攻めていくこと

■ランディング
釣れた魚を取り込む(引き上げる)こと

■リアクション
バスが反射的にルアーにアタックしてくること

■リグ
ワームの仕掛けのこと

■リザーバー
ダム湖のこと。

■リップラップ
石積みのこと

■リトリーブ
リールを巻いてルアーを動かすこと

わ行

■ワンド
湾になっている地形のこと