アーリーサマーシーズンに多用する「タックル」を解説!奥田学

アーリーサマーシーズンに多用する「タックル」を解説!奥田学

奥田学がアーリーサマーシーズンに多用する「タックル」を公開。

奥田学が「アーリーサマータックル」を解説

ロボ奥田こと、奥田学がアーリーサマーシーズンに多用する「タックル」を公開。ベイトフィッシュに付きやすく、シャローのフィーディング以外に、ディープレンジも狙いドキとなり、アーリーサマーになればファイブアーマー(アンブレラリグ)やシャッドテール系に反応が上向く。今回は秘蔵のシャッドテールワーム・デビルスイマーシャッドとファイブアーマーに加え、アンブレラリグをストレスなく扱える琵琶湖で手放せないロボ印のビッグベイト対応タックルセッティングを公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事


Written by

バス釣り情報サイト 「basstsuri」では、バスフィッシングの最新情報やバス釣り動画、バス釣りテクニックなど、バス釣りに関する話題やトレンドを発信します!