ブルーギル型ジョイントビッグベイト「タイニーブルシューター」と「タイニーブルドーズ」

ブルーギル型ジョイントビッグベイト「タイニーブルシューター」と「タイニーブルドーズ」

ブルーギル型ジョイントビッグベイト「ブルシューター」&「ブルドーズ」にタイニーサイズが完成。

「ブルシューター」&「ブルドーズ」にタイニーサイズが完成!

元祖・ブルーギル型ジョイントビッグベイト「ブルシューター」&「ブルドーズ」にタイニーサイズが完成。ギルをメインベイトにするフィールドで絶大な釣果を叩きだすアイテムで、特に琵琶湖においては頂点に君臨するプラグがブルシューター&ブルドーズだが、2018年の琵琶湖はブルーギルが貴重な存在になるほど数が激減。そんな中でもデカバス釣果が絶えない理由がある。それは、バスの遺伝子には「ギル=敵、エサ」というデータが刷り込まれているのでは? ギルがいなくても効く理由や、タイニーサイズの必要性、タイニーブルドーズが生まれた経緯など、そのあたりの深い話を開発秘話とともに奥村和正さんが激白。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事


Written by

バス釣り情報サイト 「basstsuri」では、バスフィッシングの最新情報やバス釣り動画、バス釣りテクニックなど、バス釣りに関する話題やトレンドを発信します!